歯科医院での歯を失った際の治療

subpage01

インプラントとは、歯科医院で行われている歯がなくなったときの治療法です。歯がない顎の骨の部分に体になじみやすいチタン製の人工歯根を埋めて、その上から人工の歯を装着する治療です。
人工歯根は顎の骨としっかり結合するので、もともと生えていた自分の歯と同じように噛むことができます。

この歯科治療には、たくさんのメリットが有ります。

livedoorニュース選びをサポートするサイトです。

その1つは、見た目が自分の天然の歯とほとんど同じ仕上がりになることです。


というのも、インプラントで使われる人工の歯は色々な色の種類が有り、自分の歯に合わせて選ぶことができるからです。また、インプラントは食事の際に顎の骨に力を与えるので、骨が痩せるのを防ぐことができます。したがって、入れ歯でよくあるように、顎が痩せて老け顔になることがないです。上記のようなメリットが有りますが、人工歯根を埋め込むと聞くと施術の痛みを心配される方が多いです。

しかし、施術中は健忘効果のある部分麻酔を使用します。


そのため、まるで眠っているかのような感覚の中で手術が行われるので、施術の痛み、恐怖心を全く感じません。

ストレスを感じることがないので、安心です。

このインプラント治療は、歯科医院によって施術の腕前にばらつきが有ります。よくない歯医者を選ぶと、後々患部が炎症を起こすなどのトラブルに発展します。

部分矯正の費用の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

なので、事前にきちんとカウンセリングを行い、しっかり納得のいく十分な説明ができるかチェックする事が大事です。



施術費用、痛みなど気になる疑問を徹底的に質問して、明確に答えられる医師を選ぶと良いです。